三嶺:1893m・白髪山 (紹介する登山口:白髪山及び光石登山口)

三嶺コース図三嶺の主峰
カヤハゲから鞍部手前より、三嶺の主峰を望む

 三嶺へは白髪山からの尾根道コースと、光石登山口からサオリガ原経由でカヤハゲ(東熊山)ヘ出て三嶺へ向かうコースを登る。いずれも下山はフスベヨリ谷から光石へ下りてくる。初めて登ったのは'93年8月で、白髪山からの尾根道コースだったが、熱射病になり、白髪山頂で嘔吐してしまった。三嶺までは行ったものの、下山も苦しく、意識朦朧状態でようやく下りてきた。自分の体力を過信した結果だ。このときの体験は以後の山行きに大きく影響した。

 三嶺を登る醍醐味はフスベヨリ谷をつめて、いっきに尾根に出るコースにあるという人が多く、それが高知では最もポピュラーなコースなのかもしれない。渓流の流れを見ながら深い山の中を歩くのは本当に気持ちがいいものだ。だがわたしは、尾根に出て正面にしだいに近づいてくる三嶺の姿を見ながら登るのが大好きで、フスベヨリ谷の静けさは下山時に楽しんでいる。

 時間的には白髪山コースが早く、3時間30分ほど。光石からカヤハゲコースは4時間ほどかかる。下山もフスベヨリ谷コースで3時間近くみておこう。

剣山系トップへ戻る

四国の山トップへ