あ〜ぴょんの山レポ

四国の山トップページへ

〜2007年5月12日/西赤石山登山(東平から兜岩経由)〜

今回の登山ルートトラック図
 (以下のレポートの赤字のポイント位置をルート上に示してみました。)

■登山口〜西赤石山山頂

今年の春も東平から兜岩経由で西赤石山に行こうということになりました。
今回のメンバーは、Kザーくんご夫婦と、鳥やN氏とあ〜ぴょんの4人。

午前7時過ぎに東平(とうなる)駐車場へ到着。
もうすでに何台も車がいます。

午前7時30分、出発。駐車場から奥へ道なりに歩いていきます。

途中、約5分で登山口手前の広場を通過。

広場を過ぎてすぐに登山口があります。

ここが、「一本松停車場」分岐経由、軌道敷跡道→兜岩への分岐→兜岩→西赤石山へと続く
ルートの登山口。
ちなみにここの奥の炭坑跡の脇にもう一つ登山口があって、今回は下山のときに
銅山越から馬の背経由でそちらに下りる予定。

登り始めはつづら折で、以後約30分、「一本松停車場分岐」へ登るまでやや急登。
途中、「ヒュィー、ヒュィー」というトラツグミの声が聞こえていた。

鉄塔を通り過ぎてまもなく、勾配が緩んできて落ち着いた樹陰の平地になり、
 
「一本松停車場分岐」 へ到着。炭鉱時代、軌道が敷かれていた名残りが
いたるところにあって興味を引く。T字路になっていて、左手は魔戸の滝へのルートだ。

これ、登ってきた道を振り返った状態です。


一本松停車場から 「銅山峰へ至る」 の指標に従って右へ折れると軌道敷跡の道で、
しばらくはほとんど水平。

途中、渓流に橋が架かっているが、以前崩れたこともあり
だいぶ傷んでいて通行不能となっている。
たもと左手から渓流に降りて渡渉する道がつけられているので浮石に注意しながら渡渉する。

渡渉点

「一本松停車場分岐」 から約25分で兜岩への分岐に到着。少し休憩。

ちなみに真っ直ぐ行くルートは、銅山越え方面。ここから銅山越え経由で
西赤石山へ登るのは遠回りになります。

分岐からまたつづら折に登っていく。
尾根に出るまであらかた樹陰の中を行くのであ〜ぴょん的には、
銅山越え〜西赤石山山頂ルートのアップダウンあり、岩場ありの尾根道より
体力を消耗しない気がします。あちらは、とにかく暑い!(今回下山時に通るけど。)

途中、コシアブラの若芽を天ぷら用に少し調達。
コシアブラの木は丈がひょろ長く、各枝の頂芽を摘まなければいけないので大変。

標高1300mを過ぎる辺りから大好きなコマドリの声が聞こえるようになります。
そして、ガー、ガー、、という声も。

     ねねね、もしかしてホシガラスやない?

     姿を見んとはっきり言えん。カケスかもしれんし。

     ねねねね、さっき向かいの谷あいを飛んで行ったがはホシガラスやない?

     あれ、腰が白かったきカケスやねー。

     近くでガーガー言いゆうねー、   (バサバサッ、)

     いや!飛んだっ!  

     ふたぁつ(二つ)おったねー、

     うん。

頭上を飛び去った2羽のホシガラスの姿に喜ぶ、無邪気な山好き鳥好きの4人。

ジグザグの登りを過ぎ、尾根へ出ようという頃にはもう、
山頂やそれに続く稜線が見えています。  
↓岩場

少ないけれど、アケボノツツジも登山道の付近にちらほら。

オオカメノキが白い花をたくさんつけていて、
遠くからもよく目立ちます。

兜岩のある尾根に出る手前に、ササの中を抜けていく場所があります。
パーッと明るくなって、気分が変わります。

兜岩の前まで登ると、アケボノツツジの先に、西黒森山と瓶ヶ森、
その左手には笹ヶ峰、弛みの尾根続きに右手へ、尖がった沓掛山などが見えます。

兜岩前の岩場で小休。腰を下ろして景色を眺めてからこの先に待っている急登に備えます。

西赤石山の北面。2年前に来たときはピンクのジュータンでしたが、、。

銅山越えから西赤石山へ続くルートも見えています。
こうやって見ると、銅山越えから西赤石山までの尾根道も、
だいぶ高低差があることがわかります。

ちなみにこれが兜岩です。

15分ほど休んだ後、いよいよ山頂へ向けて急登です。
何度来ても、この先の登りを楽勝と思ったことはありません。

最初はササの登りで、登るにつれて勾配がきつくなっていき、最後は木の根や枝を掴みながら
自分の体を引き上げて、ガシッと、、、いきなり山頂の尾根に登り立って終了ー、て感じです。

登るのも大変ですが、下りる場合も足元注意です。       
尾根分岐

さて、尾根に出ると東へ数歩歩けば西赤石山の山頂(三角点)です。
さすがに人が多く、賑やかでした。
そんな中、私たちにはこれからお楽しみが待っている。
山頂から少し西へ移動して、一角に道具を広げて天ぷらパーティです。

午前10時35分、
西赤石山山頂にて。お天気最高でした。

山頂までの参考コースタイム
東平駐車場(0:10)登山口(0:30)一本松停車場(0:10)渓流渡渉(0:15)兜岩への分岐(1:20)兜岩(0:25)西赤石山

 

続く(天ぷらパーティ、下山)


  四国の山トップへ