石鎚山(天狗岳):1982m〜南尖峰〜柱状尾根・二ノ森:1929m
<紹介する登山口→土小屋>

弥山から見た天狗岳石鎚周辺コース図

土小屋から弥山〜天狗岳までで引き返す人が多いが、南尖峰から南稜側に数十メートル下りると柱状尾根と呼ばれる岩場がある。大きな柱がニョキニョキと立っている奇怪な場所だ。

しかし、急な崖を降りていかなければならないので、経験のある人と行かれることをおすすめする。紅葉の時期の踏み跡がはっきりしている頃に行くと、比較的安全。
でも注意しよう!

天気がよければ南尖峰の少し手前から、
遠景ながらも柱状尾根を見ることのできる場所がある。


          柱状尾根(墓場尾根)

   南尖峰から急な崖を降りて見上げたところ

三ノ鎖(巻き道)分岐から西ノ冠岳〜ニノ森までの縦走路はササが足元に被さり、歩きづらい。ササの根や石に足を取られ、転んだりスベったりして、行きも帰りもピッチが上がらない。(私だけかもしれないが。)実を言うと、右に紹介した全行程をワンディハイクしたことがあるが、分岐からニノ森へのピストンは足がつって半泣き状態だった。


 弥山から天狗岳を望む
土小屋(1'20)二ノ鎖元(0'30)弥山(0'15)天狗岳(0'15)南尖峰(0'10)
柱状尾根(0'30)天狗岳(0'15)弥山

弥山(0'05)三ノ鎖分岐(0'50)西ノ冠岳(1'30)二ノ森(2'30)三ノ鎖分岐(1'20)土小屋

石鎚山系トップへ戻る

四国の山TOPへ