東赤石山:1707m<紹介する登山口→筏津登山口>

東赤石山コース図

 春から秋にかけて色とりどりの花を楽しめる。特に赤石越直下の急斜面は植生が豊富。秋は真っ赤に紅葉する。

 分岐を過ぎて大きな渓流を渡り、山の中腹を横切ると、やがて降雨時には水の通り道となりそうなガレ場を直登する道になる。ここはかなりの長丁場なのでとばさないこと。分岐から1時間30分前後で1600m地点の分岐につく。ここは左へ。視界が開け、すぐに赤石越直下の分岐、ここは直角に、つまり上を目指す。かなり勾配がきついががんばろう。赤石越に着いたらあとは10〜15分もあれば山頂だ。山頂付近は赤い岩盤で、立て札も岩の隙間に挿しこまれている。以前は強風で倒れていた。山頂から少し東へたどると三等三角点のある少し広い場所があり、360度視界が開けている。 下りはそこから権現越手前の分岐で折り返し、1600m地点の分岐へ合流するのもいい。赤く変色した岩場のアルペン的な景観が楽しめる。

登山口→(30分)→豊後→(40分)→分岐→(1時間30分)→1600m分岐→(5分)→赤石越直下の分岐
→(15分)→赤石越→(10分)→東赤石山

東赤石山頂から権現越手前の分岐経由で1600m地点の分岐まで下るなら1時間ちょっとみておこう。
そこから筏津まで2時間ほど。)

赤石・法皇山系トップ戻るへ

四国の山TOPへ