たんねある記

たんねある記トップページへ

〜2008年4月26、27日/ばんだの春(地元、須崎市の山、蟠蛇森ばんだがもり)〜

4月26日土曜日、友人のぬかりちゃんから、

 「ツツジが雪崩れみたいに咲いちゅう。」

という写メールが届いたので、バレエ教室のお稽古の後、車で蟠蛇森へ行ってみた。
どんどん走って、頂上に近いところまで走ってやっと、その雪崩れ状態のところに来た。

すんごーい!!!

小ぶりのツツジがしだれて、懸崖作りのようになっていた。

     

そして山頂の公園では、遅咲きのボタンザクラが満開。

スミレもニオイタチツボスミレ、ミョウジンスミレ、ヒメミヤマスミレなどが咲いていたけど、
もう午後4時を過ぎていたので、ハルリンドウはみるみるうちにほとんどが花を
閉じてしまったので、私も帰ることにした。

   

次の日、ちらっと横倉山界隈の山の中を歩き、その帰りにまた、蟠蛇森へ寄り道。
友人のぬかりちゃんが、

  「山の帰りにうちへ寄って、焼きたてパンを取って行きや〜。」

とメールをくれていたのでぬかりちゃん家に寄ると、お父さんがいて、
少し時間があるから妹さんと一緒に今さっき、ばんだへ上がって行ったと言うので、私も後を追っかけたのだ。

車を回すために、車道の行き止まりのNTT基地まで行くと、そこにぬかりちゃん姉妹も、
車を止めていたところだった。

一緒に山頂公園まで行くと、なにやら賑やかな数人のおば様方らしき声と、犬の声が聞こえる。
と、ぬかりちゃん姉妹がおば様の一人に挨拶。同じ桑田山に住む人だったようです。
そのおば様が、

 「まあ、よう来てくれたねえ! ツツジもよう咲いちょったろう?」

と言ったので、あ〜ぴょんは内心、(おわ〜、自分ちの山みたいな言い方、、)
て思ってしまった。
私は桑田山の人間じゃないからまだしも、ぬかりちゃん姉妹はこの蟠蛇森の懐である、
桑田山(そうだやま)地区の人なんだから、来てくれたはないだろうに、、、みたいな。。

ま、昔からよさこい節でも太平洋のことを 『おらんく(自分ち)の池』 って
歌ってたりするし、なんていうか、、、

でもやっぱり、、汗マーク・・・。(^.^;    (蟠蛇森の山頂は私有地ではありません。)

ハルリンドウがかわいく咲いていました。

  

ボタンザクラとぬかりちゃんの妹さん。
妹さんとは今年の2月に、
一緒に秋葉まつりへ行きました。

蟠蛇森の山頂公園には、見晴らしのよい櫓があります。

登って見渡すとぐるりと遠くが見えます。でも、だいたいは霞んでいます。  

太平洋側はまっちらけ。
雨の翌日などはきれいに見えますが・・・。

パンが焼きあがる頃なので、ぬかりちゃんちまで下りることにしました。
車2台で下っていると、軽ワゴン車が1台、のろのろと前を走っていて、
その後ろを、山頂にいた犬がヒッシで追いかけて走っていました。
あのおば様方の車と、連れていた犬のようです。
犬は車に乗せてもらえないのか、、、と思いましたが、後でぬかりちゃん姉妹に聞くと、
あの犬は、家人が車で出かけると必ず後ろを走ってついていくのだということでした。
それでも、桑田山地区から下には出ないらしいですが。

その犬が、もうけっこう年が行ってきたような足取りながらも、未舗装道の車道の上の、
水を通すための細い溝やグレーチングの上にくると必ずピョーンと上に飛び上がって
踏まないように走って行くのが、後ろから見ててすんごく面白くて、笑っちゃいました。

 「そんなに大げさに飛び上がらなくてもいいんじゃない?」

って、思うぐらい勢いよく、かつテンポがいいのです。
でも、普通に走るときは、後ろ足が少しヨロヨロなのです。

途中で軽ワゴン車が止まって先に行かせてくれたので、犬も追い越して、
ほどなくしてぬかりちゃんちに到着しました。

もう、パンは焼き上がっていて、パン焼き器からお母さんが出してくれていました。

ごま入り。
後方の四角いのがパン焼き器。

焼き立てをちぎって食べるとそりゃ美味しいのです。

ぬかりちゃんちの柱にこんな鍵が掛けられていました。

山小屋っていっても、育てているみかんやなんかの
作業小屋だと思いますが、
「山小屋」っていう響きがなんかいい。

蟠蛇森は、うららかな春の頃がやっぱり一番だなあ。

 

 たんねある記トップページへ